取引先との関わり

基本的な考え方

古河機械金属グループは、「古河機械金属グループ調達基本方針」に基づき、公正かつ公平の原則と総合的な経済合理性、法令遵守と機密保持の精神にのっとり、取引先との情報交換などのコミュニケーションを通じて、共存共栄・互恵的な信頼関係の維持、構築を目指すとともに、取引先の協力のもと、CSRに配慮した調達活動を推進します。
また、海外鉱山からの銅鉱石の調達については、環境への影響や労働問題などに配慮しながら調達に努めています。

資材調達について

古河機械金属グループ調達基本方針

1.公平・公正の原則

  • 当社グループは、国内外・経営規模にかかわらず公平・公正な調達活動を目指します。
  • 取引先の選定は、価格・品質・性能・納期・安定供給及び環境への配慮の面などから総合的な経済合理性に基づいて行います。

2.相互繁栄

  • 当社グループは、取引先とは対等なパートナーとして、共存共栄できる関係を目指します。

3.遵法精神・機密保持

  • 当社グループは、購買活動において関係法令を遵守するとともに健全な取引を行います。
  • 取引を通じて知り得た機密事項については、承諾なしに第三者に開示しません。

4.CSRに配慮した調達活動の推進

  • 当社グループは、CSRに配慮した調達活動を推進します。
  • 当社はメーカーとの直接取引を原則としております。
    但し、メーカーが原則として直接取引を行わない場合、あるいは代理店がメーカー直販より有利な条件を提示できる場合は代理店と取引をいたします。その場合でもメーカーと直接取引が可能な一次店に限らせて頂きます。