CSR/ESGの課題

CSR重点課題の特定

古河機械金属グループでは、事業活動を通じて広く社会に貢献することを実現するために、重点課題を特定し、CSR活動への取り組みを強化しています。
CSRの重点課題特定においては、ステークホルダーと当社グループの双方の視点からCSRに関連する重要な課題を抽出し、その課題の重要性の分析・評価を行い、古河機械金属グループのCSR重点課題を特定しました。

古河機械金属グループの重点課題

  • グループガバナンス体制の徹底
  • コンプライアンスの強化
  • お客さまから満足を得られる製品・サービスの提供
  • 環境保全活動の推進
  • 従業員にとって働きやすい職場環境の実現と公正な評価と待遇
  • 取引先との公正かつ公平な取引関係と互恵的信頼関係の構築
  • 社会貢献活動の推進
  • 株主・投資家とのコミュニケーション

CSR/ESG課題に配慮した事業運営の実践による企業価値の向上

古河機械金属グループは、事業活動や企業の社会的責任を果たすためにCSR重点課題を定め、その課題解決のためにCSR中期目標を策定し、PDCAを展開することで取り組みを強化しています。
古河機械金属グループはこの取り組みを通じて、国連において全会一致で採択された2030年までに世界が達成すべき持続可能な開発目標であるSDGsへの貢献を目指しています。