素材事業

電子部門

高純度・高品質なキーマテリアルの提供により
最先端のIT・エレクトロニクス技術を支えています。

特長
  • 高純度金属ヒ素は国内外で高いシェアを維持
  • 車載向けコア・コイルを生産
  • 放熱部材である窒化アルミニウムは需要拡大

高純度金属ヒ素

国内90% 海外60%

主要製品・サービス

高純度金属ヒ素

高いシェアを誇る高純度金属ヒ素は、ガリウムヒ素半導体の原料として使用されています。
当社では早くから高純度金属ヒ素の特性に注目し、世界最高純度である99.999995%の高純度金属ヒ素を生産する国内唯一のメーカーであり、そのシェアは世界トップを誇ります。

高純度金属ヒ素

窒化アルミニウム

窒化アルミニウムは熱伝導性、熱放射性、電気絶縁性などに優れており、半導体製造装置用部品、基板用材料、フィラーにも使用され用途が拡大しています。

窒化アルミニウム(フィラー)

窒化アルミニウム(部品)

コア・コイル

コアを自社生産できる技術を活かしてコイルを製造・販売しています。自動車ECU(電子制御装置)や電源、HEV(ハイブリッド自動車)、EV(電気自動車)のコンバーターなどに使用されています。

コア・コイル

電子部門

古河電子株式会社

ガリウムヒ素半導体の原料となる高純度金属ヒ素をはじめ、ガリウムリン多結晶などの各種結晶製品、コア・コイル、窒化アルミセラミックス、レーザー用レンズなど、高度情報化社会の進展に欠かせない電子材料の製造・販売を行っています。
当社グループの電子材料事業は、1961(昭和36)年に高純度金属ヒ素の国内唯一の研究に着手したことからはじまりました。
現在では高純度金属ヒ素の国内唯一のメーカーとして揺るぎない地位を築き上げ、国内需要の大半を供給するとともに、海外にも多く輸出しています。
2005年、古河機械金属株式会社の電子材料事業を分社化して、古河電子株式会社が設立されました。当社の製品は、そのままの形ではなかなか人びとの目に触れることがありませんが、どれも現代社会にとって欠かせないものばかりです。今後も人びとの生命を守り、豊かな暮らしに役立つ素材の開発を進めることで、いっそうの社会への貢献をめざします。
そのためにも、成熟製品だけでなく戦略製品の育成、販売強化に取り組んでいます。

いわき工場(福島県)

関係会社

いわき半導体株式会社

1982年設立。ガリウムリン、ガリウムヒ素単結晶および基板などを製造・販売しています。

FD COIL PHILIPPINES,INC.

2014年設立。フィリピン・ブランカ州に本社を置き、コイルを製造しています。

TOPICS

高度化する電子機器を支える電子製品

情報技術の発展に不可欠なものの一つに、携帯電話やLD、LEDに使われるガリウムヒ素半導体があります。その原料となるのが高純度金属ヒ素です。
過去、当社足尾製錬所の自山鉱に含まれるヒ素を回収するため、大正時代初期より亜ヒ酸製造技術を確率しました。ヒ素は従来から農薬・ガラス・医薬品などに利用され、半導体材料としても注目されていました。
当社では早くからその特性に注目し、1960(昭和35)年より高純度金属ヒ素の開発に着手、1962(昭和37)年に研究開発が完了し、99.999%(5N)以上の金属ヒ素の製品化に成功しました。現在では、世界最高純度である99.999995%(7N5)の高純度金属ヒ素を生産しています。電子部門は、高純度金属ヒ素の国内唯一の製造メーカーであり、そのシェアは世界トップを誇ります。

情報技術の発展に不可欠な高純度金属ヒ素

近年、電子機器の高性能化や高集積化、微細化、薄型化が進んでおり、それに伴い放熱部材の需要は高まりつつあります。放熱部材は、電子機器の内部から発生した熱を外気に放出することで、機器の動作異常などを防ぐための必須部品です。スマートフォンやパソコンなどの大容量通信デバイスや通信機器をはじめ、半導体製造装置、次世代自動車(ハイブリッド車、EVなど)等に使用されています。
放熱用セラミックス部材には、アルミナと呼ばれる酸化アルミニウム(Al2O3)や窒化アルミニウム(AlN)、炭化ケイ素 (SiC)などがあり、市場では安価なアルミナのシェアが最も高く、高価で高機能な窒化アルミニウムのシェアはまだ僅かです。窒化アルミニウムの特性は、熱伝導性が高く、電気を通さない絶縁性のほか、均熱性、耐食性があることから、その特性が特に求められる半導体製造装置や部品・装置類に採用されはじめています。今後は、5Gなど通信機器の高性能化やデータセンターの伸長、パワー半導体や次世代自動車の普及、更には半導体や電子デバイスをはじめとした各種機器や端末の高性能化などにより、放熱部材としての窒化アルミニウムの市場拡大が見込まれています。

半導体製造装置用品
有機ELパネル製造装置用ルツボ
各種加工品
窒化アルミニウム基板の用途例

電子部門では、調達した窒化アルミニウム原料(粉末)を、成形、焼成、加工する生産体制を構築しており、放熱部材となる窒化アルミニウム製の部品や基板、フィラーを製造・販売しています。焼結時間や温度調整などこれまで蓄積してきた焼成技術が強みです。
独自技術とノウハウにより、焼成処理中に生じやすい反りや割れ、変色を抑制した世界最大サイズの大型部品等の製造が可能です。そのため、国内のセラミックス業界では、窒化アルミニウム製品の生産委託先としても認知されています。
また、顧客のニーズに応じて熱伝導率90W、170W、200W、230Wの4グレードの窒化アルミニウム焼結体(部品・基板)をラインアップし、最高グレードの230Wについては、他社に先駆けて開発、上市しました。現在は、さらにハイグレードとなる250W級の高熱伝導率の焼結体の開発を進めています。
製造面においては、今後も拡大が予想される市場ニーズに対応するため、大型焼成炉を1基増設し、生産能力の増強を進めています。引き続き、独自の技術とノウハウによって高品質な窒化アルミニウムに特化した各種製品を提供していきます。

窒化アルミニウムフィラーの用途例

電子部門に関するお問い合わせ

電子材料に関するお問い合わせ

取扱い製品・サービス

高純度金属ヒ素 / ガリウムリン多結晶 / コア・コイル / 窒化アルミニウム / レーザー・IR用光学レンズ・ミラー / 回折光学素子(DOE) / その他電子材料