コンプライアンス

当社グループでは、単に法令を守るだけでなく、社会的、倫理的な面においても真摯にして、かつ責任ある行動をとることが企業の責務であると考えています。この責務を果たすため、「古河機械金属グループ企業行動憲章」および「古河機械金属グループ役職員行動基準」を定め、グループ全役職員がコンプライアンスの重要性を認識して業務に当たるよう、意識の徹底を図っています。

コンプライアンスの推進体制
当社グループでは、コンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンスに関する重要事項の審議を行っています。同委員会で討議された内容は、適宜、サステナビリティ推進会議にも報告し、全社的なコンプライアンスに関する情報の共有化を図っています。
コンプライアンス教育の実施
新入社員、中堅社員、新任管理職などに対しコンプライアンス研修を実施しているほか、下請代金支払遅延等防止法(下請法)や独占禁止法など、項目別の研修も随時実施しています。また、グループ役職員を対象に、コンプライアンスについての情報提供として「コンプライアンスニュース」を発行し、経営トップも折に触れてコンプライアンスの重要性、優先性を説くなど、コンプライアンスを重視する企業風土の醸成に努めています。
内部通報制度
当社グループでは、コンプライアンス違反の早期発見および是正を図ることなどを目的として、内部通報制度を導入しています。
通報・相談の窓口を社内および外部(法律事務所)に設けることにより、広く通報・相談可能な体制を構築しています。なお、通報者の秘密や個人情報は、厳密に管理しています。
通報・相談を受けた場合、コンプライアンス委員会が調査を行い、その後、必要な措置をとります。
内部通報制度については、その内容を社内ポータルサイトに掲示するとともに、当社グループの役職員に小冊子を配付して、周知を図っています。
贈収賄防止基本方針
当社グループは、「企業行動憲章」においてコンプライアンスの徹底を掲げ、「役職員行動基準」において、不当な利益の取得を目的とする贈収賄等を行わず、腐敗 の防止に努めることを定めています。これを全ての役職員が実践するため、事業活動の中で以下に掲げる基本方針を徹底することで、社会の健全かつ持続的な発展に貢献します。