FURUKAWA

印刷用ページ

環境・社会活動 地球環境の保全を重要な課題の一つと位置付け経営を展開しています。

古河機械金属グループは、地球環境保全を重要な経営課題の一つとして位置付け、企業活動のあらゆる分野で、全社員が環境との調和、環境改善への配慮ある行動を行い、将来に向けて持続可能な社会の発展に寄与することを基本理念としています。

環境保全への取り組みの基本理念

古河機械金属グループは、「環境管理基本理念」のもと「環境保全行動方針」「生物多様性行動指針」「環境・安全監査理念・指針」を定めています。

環境・社会への取り組み

環境・社会への取り組み

古河機械金属グループは、足尾地区に植林活動など地域社会への貢献も、企業市民として重要な役割であると認識し、積極的に取り組んでいます。

人と環境に配慮した製品一覧

環境・社会への取り組み

古河機械金属グループは、人と環境へ配慮したモノづくりを通じて、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

足尾事業所 太陽光発電所

足尾事業所 太陽光発電所

当社は、旧足尾製錬所硫酸工場跡地(栃木県日光市足尾町)に太陽光発電所(正式名称:古河機械金属株式会社足尾事業所太陽光発電所)を建設し、平成25年12月に発送電を開始しました。
完成した太陽光発電所は、発電出力1,000kW、年間発電電力量は当初約920,000kWh、20年間平均で約850,000kWhを見込んでおり、全量を東京電力株式会社に売電しております。
当社にとって足尾地区は事業を発展させてきた礎の地であり、歴史的にも技術的にも重要な場所であります。今後も旧足尾製錬所跡地をはじめとしてこの地の有効利用については引き続き検討していくと共に、地球環境の保全と地域社会への貢献活動を積極的に展開していきます。

日本政策投資銀行の環境格付評価で4年連続「最高ランク」を取得

当社は、日本政策投資銀行(以下「DBJ」)の「DBJ環境格付」に基づく融資を受けDBJ規定の最高ランクの格付を取得しました。

当社は明治8年の創業以来、銅山事業を起点に鉱山開発により培った技術を応用して機械や電子材料、化成品等の幅広い分野にて事業を展開すると共に積極的に環境貢献に取り組んできました。今後も持続的な社会の実現に向けて環境保全に配慮した企業活動を推進していきます。

今回の格付では、多岐にわたる事業領域を有するなか、グループ全体に対し環境マネジメントを展開し、全従業員を巻き込みながら生産プロセスの不断の改善を実施することで生産性向上と環境負荷低減を実現している点、トップコミットメントのもと、「2025年ビジョンFURUKAWA Power & Passion 150」実現に向けCSR中期計画を策定し、環境配慮製品の普及拡大やCSR調達の推進等、研究開発、調達、生産、販売の事業プロセス全体でCSR経営を実践している点、本業を通じた社会課題解決への貢献を定量的に可視化すべく、ユニック事業やロックドリル事業における環境貢献量を算定するなど、持続可能な社会の実現に向けた非財務情報開示を推進している点等が高く評価され、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を4年連続で取得しました。

認定書

ISO14001認証取得状況

会社名 取得日 認証取得機関
古河ユニック(株)佐倉工場 2001年11月30日 JQA(日本品質保証機構)
古河産機システムズ(株)小山栃木工場 2002年10月22日 NK(日本海事協会)
古河機械金属(株)技術統括本部 2004年 1月14日 JSA (日本規格協会)
古河ロックドリル(株)高崎吉井工場 2004年 4月28日 TÜV(テュフラインランドジャパン)
古河ケミカルズ(株)大阪工場 2005年 1月27日 JICQA(日本検査キューエイ)
古河電子(株)いわき工場 2005年 3月 4日 JQA(日本品質保証機構)
群馬環境リサイクルセンター(株) 2010年 1月26日 MSA(マネジメントシステム評価センター)
泰安古河机械有限公司 2018年 6月15日 Shanghai Audit Center of Quality System
泰安古河随車起重机有限公司 2018年 6月15日 Shanghai Audit Center of Quality System
栃木工場は2009年6月19日に小山工場と統合認証取得
古河機械金属グループ