大分鉱業株式会社

印刷用ページ

大分鉱業株式会社

切羽(クローラドリル穿孔中)
切羽(90tダンプへ積込中)
山元破砕・選鉱設備
海岸船積み風景
切羽(クローラドリル穿孔中)
切羽(90tダンプへ積込中)
山元破砕・選鉱設備
海岸船積み風景


商号
大分鉱業株式会社
設立
昭和29年12月
本社 大分県津久見市上青江2426-1 TEL 0972-82-3171 FAX 0972-82-3174
海岸事務所 大分県津久見市合ノ元町2番25号 TEL 0972-82-2630 FAX 0972-82-0157
資本金
90百万円
株主
古河機械金属株式会社 50%
三菱マテリアル株式会社 25%
株式会社トクヤマ 25%
従業員数
36名
(※現在 第3種電気主任技術者 募集中です)
事業内容
石灰石の採掘・販売
沿革
昭和29年  古河鉱業(現、古河機械金属)・豊国セメント(現、三菱マテリアル)の合弁により大分鉱業設立
昭和32年  営業開始 生産能力5万t/月
昭和34年  徳山曹達(現、トクヤマ)経営参加
昭和37年  生産能力10万t/月に拡大
昭和42年  グローリーホール畝鉱処理として一部ベンチカット採用、生産能力20万t/月へ
昭和46年  ベンチカットへ全面切替え
昭和47年  隣接各社との協調採掘開始
昭和51年  海岸桟橋延長 船積み能力1,800t/時にアップ
平成12年  上部運搬線無人化設備完成、自家発電設備完成
下部運搬線ベルトコンベア工事完成
平成21年  原料水洗設備稼働開始
平成25年  東部出鉱設備完成
Copyright(C) Furukawa Metals & Resources Co., Ltd. All Rights Reserved.
古河機械金属グループ