古河メタルリソース株式会社

印刷用ページ

古河メタルリソース株式会社

商号
古河メタルリソース株式会社
Furukawa Metals & Resources Co.,Ltd.
設立
平成16年(2004年)3月1日
本社所在地
〒100-8370 東京都千代田区丸の内二丁目2番3号(丸の内仲通りビル)
電話
営業部 03-3212-6569
原料部 03-3212-6568
管理部 03-3212-2830
FAX
03-3212-6558
大阪駐在
〒530-0004 大阪市北区堂島浜2-1-9(古河大阪ビル西館)
TEL:06-6344-2534 FAX:06-4796-1679
資本金
1億円
役員
代表取締役社長 荻野 正浩
取締役副社長 齋藤 雅典
取締役 岩間 和義
取締役 村田 務
監査役 岩田 穂
監査役 猿橋 三郎
従業員数
15人
事業内容
非鉄金属製錬業
原料として銅精鉱・銅スクラップを調達して、出資先の共同製錬所に委託製錬し、電気銅・金・銀・硫酸等を販売しております。
取扱製品
電気銅、電気金、電気銀、硫酸等
沿革
当社は古河機械金属グループの金属事業の会社分割により平成16年(2004年)3月1日に設立されました。
金属事業の歴史は、明治8年(1875年)に草倉銅山(新潟県)、明治10年(1877年)に足尾銅山(栃木県)の操業を開始した古河機械金属(株)の発祥にまで遡ります。銅製錬技術では、世界トップレベルとして高く評価されている古河・オートクンプ式自熔製錬技術を確立。これは昭和29年にフィンランドのオートクンプ社から技術導入したフラッシュ・スメルティング(自熔製錬)方式をもとに独自の改良を加えた技術であり、国内外の銅製錬所に広く採用されています。
こうした技術力を背景に海外から銅精鉱を輸入し、銅をはじめとして金・銀・硫酸などを生産、販売しています。製錬については資本参加している小名浜製錬(株)、日比共同製錬(株)などに委託するなど、最適生産体制を構築しています。
又、原料となる銅精鉱を長期間安定的に確保するため、カナダのジブラルタル鉱山などに古河機械金属(株)を通して出資するなど、海外での鉱山事業にも取り組んでいます。
関係会社
PKC Properties Pty. Ltd.
Port Kembla Copper Pty. Ltd.
大分鉱業株式会社
日比共同製錬株式会社
小名浜製錬株式会社
Cariboo Copper Corp.
Copyright(C) Furukawa Metals & Resources Co., Ltd. All Rights Reserved.
古河機械金属グループ