FURUKAWA

印刷用ページ

お知らせ

新型コロナウイルス感染症への感染防止のための取り組み状況について

2021年6月7日

古河機械金属グループは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大期において感染予防および感染拡大防止を図るため、グループガイドライン「新型コロナウイルス対応(その11)※2021年6月1日現在の最新版」を定め、密閉・密集・密接を回避しつつ安定的な生産活動を継続するための様々な施策に取り組んでいます。

出勤者数削減のための取り組み

テレワークと在社時間を短縮した交替勤務を組み合わせた特殊勤務体制の導入

■適用対象
緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置が適用された地域の事業所(生産拠点を除く)
■1週間の勤務体制
● 週4日 テレワークと在社時間を短縮した交替勤務との組み合わせ
  • ・出社する従業員の勤務時間帯を早番と遅番とに分割
  • 早番 午前出社(5時間勤務に短縮) + 午後テレワーク
    遅番 午前テレワーク + 午後出社(5時間勤務に短縮)
  • ・在社する従業員密度の低減とオフピーク通勤を実施
  • ・在社中は、感染予防策を徹底して実施
● 週1日 全日テレワーク
<ご参考 育児・介護を行う従業員に適用可能なテレワーク制度>
●週2日 出社
上記同様の特殊勤務体制を実施および時差勤務を併用(上記適用対象に該当する事業所)
●週3日 全日テレワーク

テレワーク推進措置

  • ・WEB会議システムの導入、拡大
  • ・社内PCを社外から操作するリモートデスクトップの利用者拡大

外出時の直行直帰の励行

  • 上記勤務体制に加え、営業職については直行直帰を原則とすることにより出社日数をさらに削減

感染防止のための取り組み

■職場での感染予防策の徹底

  • ・マスク着用での執務、手洗い励行、咳エチケットの徹底
  • ・マスク不着用時の会話の禁止
  • ・飛沫防止アクリル板の設置、共有部分への接触機会の低減、通用扉の開放
  • ・移動階数4階層以下のエレベータの使用禁止
  • ・対面での会議の削減、内線電話活用の励行、オフィス内における必要以上の移動禁止
  • ・更衣室、書庫内での会話の禁止および滞在時間の短縮

■外出等

  • ・海外出張の禁止
  • ・国内出張の削減(リモート会議への代替)
  • ・イベント参加の自粛
  • ・公共交通機関内での会話の自粛

■食事

  • ・従業員同士の会食の禁止(昼夜を問わず)
  • ・外部関係者との会食の原則禁止(昼夜を問わず)
  • ・社員食堂の入替制(入場制限)実施
  • ・食事中の会話の禁止
  • ・勤務時間短縮による昼食機会の削減(緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置指定地域)
  • ・給茶機の使用停止(東京都内事業所)

■健康管理・感染拡大防止

  • ・出勤前の検温の実施
  • ・濃厚接触者となった場合の、接触1週間経過後におけるPCR検査実施(※)
    ※行政検査とは別に行う、会社による自主検査

■勤務時間外に対する指示

  • ・自宅以外の「換気の悪い密閉空間」、「多くの人が集まる密集場所」、「2m以内の距離で会話や共同行為をする密接場面」には立ち寄らないこと
  • ・同居人以外の人との会食および20時以降の不要不急の外出を自粛すること。

■その他

  • ・感染者および濃厚接触者に対する人権侵害の禁止

以上

古河機械金属グループ