FURUKAWA

印刷用ページ

お知らせ

素形材産業技術表彰において「アルミ鋳造用耐溶損技術の開発」が経済産業大臣賞を受賞

2019年11月12日

当社グループの古河キャステック株式会社(栃木県日光市足尾町下間藤3-5 社長:大久保 昌範)は、この程、一般財団法人素形材センタ―主催の第35回素形材産業技術賞において、開発技術名「アルミ鋳造用耐溶損技術の開発」が、極めて優秀でありその成果は素形材産業技術の進歩向上に著しく貢献したとして、経済産業大臣賞を受賞しました。

「アルミ鋳造用耐溶損技術の開発」は古河キャステックと日産自動車株式会社で共同開発したもので、その概要と受賞理由は次の通りです。
本開発は、自動車エンジンのシリンダヘッドの鋳造工程でおこっている、①金型内の薄肉部分にアルミニウム合金溶湯が流れ込まない鋳造不良現象と、②溶損現象により金型入口が浸食され寿命が短くなるという2つの課題の解決を目的としたものです。
金型内において高温となる入口の部品「湯口ブッシュ」に、アルミニウム合金溶湯と接触する部品内面に高断熱な保護膜を持つ、古河キャステック製「トケナイト」を用いることで、溶湯温度の低下を防止して流動性を保ち、金型薄肉部分まで安定的にアルミニウム合金溶湯を供給することが可能となり、鋳造不良を削減するとともに、部品の耐久性を向上させました。
これにより金型交換や保守作業を低減し生産効率を大幅に改善させることができ、コスト低減による経済性の向上だけでなく、資源削減による省資源・省エネ効果も大きく環境配慮にも寄与していることなどから、高い評価を受けました。

なお、当開発については、経済産業省の本館1階ロビーにて2019年11月11日から12月13日まで、本年度の「素形材産業技術賞」受賞の各開発内容・製品展示と共にご覧いただけます。

《製品に関する問い合わせ》

古河キャステック株式会社 営業部東京支店  TEL:03-3212-7812

以上

古河機械金属グループ