最適なレイアウトを追求し
「モノの作り方」を極めたい

YUYA YASUDA

佐倉工場 製造部生産技術課
2012年入社
工学府 システム統合工学専攻修了

Q1.現在の仕事内容を教えてください。

生産技術課は、モノづくりをするにあたって、どんな設備を使い、どんな順序で進めていくかを検討するといった、開発設計部門と製造部門の橋渡し役を務めています。製造部門からのヒアリングやサイクルタイムの計測などを行うことで課題を洗い出し、安全で効率よく生産できる、働きやすい最適なレイアウトを追求しています。また、製造に必要な新規設備の導入検討も併せて行います。

Q2.会社を選ぶ上でこだわっていたこと。
その中で古河機械金属を選んだ理由を教えてください。

モノづくりや物流のように、常に必要とされる事業に関わりたいと考えていました。そういう視点で就職先を検討していた時に、当社と出会いました。佐倉工場で製造しているユニッククレーンは、物流に関わる機械であり、その機械を作る仕事は、それこそテレポーテーションが実現しない限り、まずなくなることはありません(笑)。当社は、長く将来に渡って必要とされる仕事ができる会社として、大きな可能性を秘めていると感じました。

Q3.どのようなところにやりがいや醍醐味を感じますか?

大きなプロジェクトを担当していることですね。なかなかこういうチャンスはありませんし、当然、気合も入ります。外部との打ち合わせも多く、そこで新しい知識を得ることもやりがいにつながっています。

Q4.入社後、最も印象に残っている
エピソードを教えてください。

入社1年目の冬に経験した工場内の組立ラインのレイアウト変更です。天井の高さまである立体倉庫を解体したり、高さ3~4メートル程の構造物を移動したり、大がかりな作業を生産技術課のメンバーだけでテキパキと進めていることが印象的でした。作業は無事成功しましたが、それを支えたのは作業前の入念な準備。計画的に物事を進めることの大切さを学ぶことができました。

Q5.古河機械金属はどのような社風だと感じていますか?

仕事に対して熱い情熱を持っている人たちが多いと感じています。例えば上司から「コップを正面からしか見ないと把手の存在がわからない。上から見ただけでは深さがわからない」という話をされたことがあります。多角的に物事を見ることの大切さを例え話で教えられたわけです。単なる指示命令ではなく、時には謎かけのような質問をあえて投げかけてきて、こちらを考えさせようとする。そこに、仕事に対して真剣に向き合っている姿が見てとれる気がします。

Q6.今後の夢や目標を教えてください。

生産技術に関する知識を徹底的に磨き、モノづくりを極めたいと思っています。どうやってモノを作るか、ということに精通することは、設計開発、製造、品質保証など他の仕事に就いた時にも必ず活かすことができるのではないでしょうか。そのような知識を持ったうえで、生産技術とは異なる部署を経験してみたいと思っています。

Q7.就職活動中の学生のみなさんへメッセージをお願いします。

私は就職活動の時、「自分のアピールポイントは果たしてどこにあるのだろう」とずいぶん悩みました。しかし、自分のことを突き詰めて見つめたり、企業や職種について研究したりすることは、就職活動の時にしかできません。エネルギーは使いますが、人生の中での貴重な時間を大切にしてください。また、就職はゴールではなく、次なるステージでのスタートですから、新しい挑戦が始まることを楽しみにしてほしいと思います。

8:00

生産技術課の朝会を終え、レイアウトの検討を開始。

10:00

設備メーカーとの打ち合わせを行う。

13:00

建屋メーカーとの打ち合わせのため資料を準備する。

14:00

建屋メーカーとの打ち合わせ。

18:00

事務処理や打ち合わせ中にかかってきた電話への対応をする。

18:30

打ち合わせの内容についての検討。終了後に退社。

1年目
ユニック事業 佐倉工場 製造部生産技術課に配属。現在に至る。工場設備などの企画・設計を担当。
ページトップへ