「伝説のドリルマン」を目指し
大型機械を技術的にサポート

RYOSUKE ARAI

高崎吉井工場 サービス部技術サービス課
2014年入社
自動車工学科卒

Q1.現在の仕事内容を教えてください。

鉱山やトンネル工事では、ブラストホールドリルと呼ばれる自走式の穿孔機が使われています。私は、この製品についてのお客様からの問い合わせ対応と、製品が使われている現場に出向いて、トラブルシューティングを行っています。現場では、その場で修理したり、機械のオペレーターに対して技術的なサポートをしたりと、まさに工場と現場の架け橋のような役割を担っています。

Q2.会社を選ぶ上でこだわっていたこと。
その中で古河機械金属を選んだ理由を教えてください。

もともと機械が大好きで、機械を扱う仕事を志望していました。大学の就職課の紹介で当社の存在を知ったのですが、説明会に足を運んだところ、見たこともないような大型の機械を扱っていることを知り、好奇心をかきたてられました。

Q3.どのようなところにやりがいや醍醐味を感じますか?

当社が製造販売している機械は、日常生活ではあまり見ることのできない大型のものばかり。これらの機械を扱っていること自体が、私にとっては非常に面白いことです。仕上がり前のトンネル工事現場など、一般の人が立ち入ることができない非日常的な現場を見ることができるのも魅力的ですね。また、今後はさらに海外マーケットの重要性が増してきます。自分が海外の現場に出向き刺激を受ける姿をイメージして、今からワクワクしています。

Q4.入社後、最も印象に残っている
エピソードを教えてください。

入社1年目で初めて震災復興関連の現場に出向いた際に、現場のお客様から「復興のためにも、よい製品を届けてほしい」と言われた言葉が胸に響き心に残っています。そのお客様からは、復興にかける強い思いを感じました。私たちの仕事の社会的意義を改めて感じ、同じ東北出身の私も全力で頑張ろうという気持ちになりました。

Q5.古河機械金属はどのような社風だと感じていますか?

私が所属するサービス部門は、仕事中は黙々と作業することが多いのですが、食事の席になると非常に盛り上がり、おそらく高崎吉井工場の中で一番賑やかな部署で、メリハリのある雰囲気です。また、職場全体で安全面には非常に気を使っており、これも社風の一つかもしれません。

Q6.今後の夢や目標を教えてください。

夢は「伝説のドリルマン」になることです。高崎吉井工場では、多彩なドリル製品を製造しています。経験を積み、製品のことならなんでも知っていると一目置かれる存在になりたいと考えています。今後、海外出張の機会も増えると思いますが、出張だけでなく海外駐在することも目標の一つです。

Q7.同期や同僚とのつながりについて教えてください。

公私ともに非常に仲が良く、週末になると自分から声をかけて、工場のいろいろな部署の仲間を誘い、食事に出掛けています。また他の事業所で働いている仲間との交流も大切にしたいと考えており、同期会の幹事を引き受けています(笑)。同期と楽しく過ごすだけでなく、他の事業所の話を聞くことはとても勉強になり、自分が成長するために欠かせない大切な瞬間だと感じています。

7:45

出社後、まずはメールをチェックして連絡事項やお客様情報などを確認。

8:30

課員全員でのミーティングで予定や出張等の情報を共有。その後、担当班ごとでもミーティングを行う。

10:00

お客様からのお問い合わせ対応や不具合品についての調査など、技術的なサポートを行う。

13:00

現場へ出張。実際に現場に入り、不具合があった機械の修理や改良作業をその場で行う。

16:30

すべての作業を終え、現場を出て帰社。場合によっては、現地に宿泊することも。

1年目
ロックドリル事業 高崎吉井工場 サービス部技術サービス課に配属。復興関連現場などを担当する。
ページトップへ