ユニッククレーンVS古河気合筋肉

 

古河機械金属の製品と古河気合筋肉のマッチョたちの対決シリーズ!
第1弾はユニッククレーンVS古河気合筋肉!!
MISSIONは「資材を運ぶ」です。

果たして建設現場で使用されるユニッククレーンの仕事量は、古河気合筋肉のマッチョ何人分か??
気合筋肉数値に換算した結果をぜひご確認下さい!

ところで、みなさん、「資材を運ぶ」この仕事、どちらにお願いしたいですか??

 

「吊る・積む・運ぶ・作業する」赤いクレーンとして有名?!

ユニッククレーンは、「吊る・積む・運ぶ・作業する」ことが効率的にできる赤いクレーンで、トラック搭載型クレーンの代名詞「ユニック」(古河機械金属の登録商標)として親しまれています。高速道路や建設現場で見かけたことありませんか??
土木・建設現場や物流に欠かせない存在となったユニッククレーン、その国内シェアは約50%にも及びます。

「ユニック」の由来は?

ユニッククレーンの初代機は1961年(昭和36年)に開発され、その後ユニックとネーミングされます。この愛称は、すべての人々のクレーン「ユニバーサルクレーン」でありたいという願いと、伝説の一角獣「ユニコーン」の力強いイメージが込められています。

省エネ大賞を業界初受賞!

省エネ大賞と言えばエアコンや冷蔵庫…。そんな賞を業界で先駆けて受賞したのもユニッククレーンです。第18回省エネ大賞(2007年度経済産業省主催)において省エネルギーセンター会長賞を受賞(U-can ECOシリーズ)。最大40%もの燃費を軽減したことが評価されたもので、当時家電が中心であった省エネ大賞では異例の受賞でした。

気合筋肉換算の裏話

今回の対決は「資材を運ぶ」です。設定は建設現場で使用する2mの足場約300枚を4階まで運ぶというもの。マッチョなら一度に何枚持てる?なんて想像して換算した結果が、動画のご覧の通りの気合筋肉数値です。
ユニッククレーンがなければ建設現場に古河気合筋肉のマッチョがたくさん必要になりますね!