FURUKAWA

印刷用ページ

ニュースリリース2010

2.93トン吊り『電動式ユニッククレーン(U-can ECO-EV)』を新開発

2010年6月17日

当社グループの中核事業会社である古河ユニック株式会社(東京都中央区日本橋室町2-3-14 社長:中村 晉)は、バッテリー駆動(プラグイン充電)タイプの2.93トン吊り電動式ユニッククレーンを新たに開発し、『U-can ECO-EV』シリーズとして7月1日より販売を開始します。

本製品は、省エネ大賞(※1)を受賞するなど既に高い評価を得ている環境対応クレーン『U-can ECO』シリーズをベースに、クレーン駆動用バッテリーと自社開発したモータ制御技術を用いた電動ユニットを追加したもので、トラックのエンジンを止めたままでクレーン作業を可能にした新しいモデルです。

これにより、クレーン作業中のCO2排出量をゼロ(※2)に抑え、騒音も大幅に低減することが可能となりました。屋内など閉鎖された空間でのクレーン作業は、エンジン駆動方式ではCO2排出や騒音による作業性の問題がありましたが、今回開発したバッテリー駆動方式では快適に作業することができます。

その他、バッテリー本体には、入手が容易でコストメリットの高いサイクルサービス用鉛バッテリー(一般的に電動カートなどに使用されるバッテリー)を採用したほか、既存のエンジン駆動方式に切り替えることでバッテリー切れの際にも環境対応クレーンとして機能するなど、実作業を考慮した機械構成となっています。

なお、ベースとなる環境対応クレーン『U-can ECO』シリーズは、2つのポンプの吐出油量を最適制御する「エコポンプ・システム」を採用したことでクレーン作業時のエンジン回転数を従来機に比べ約40%低減※3したモデルで、燃料の消費と排出ガスの発生を低く抑えた経済性・環境性に優れたクレーンとして既に高い評価を得ています。

同社は、これまでに培った油圧技術をベースに電動化技術を加えるなど、今後も新たな付加価値の創造と環境性に優れた製品の提供を行ってまいります。

※1:中型・大型トラック搭載型クレーンが「平成19年度 省エネ大賞 省エネルギーセンター会長賞」を受賞。
※2:発電および充電時のCO2排出量を含まないものとする。
※3:中型トラック架装用ユニッククレーン「U-can」との比較。

《主な特徴》
■クレーン作業時のCO2排出ゼロを実現(※1)。屋内など閉鎖された空間での作業に有利。
■クレーン作業時の騒音を最大値で約10dB低減(※2)。深夜・早朝・住宅地内での作業に有利。
■8時間の充電で、約1時間(※3)のクレーン作業が可能。
■家庭用コンセントAC100V(またはAC200V(単相))での充電が可能。
■バッテリー切れの際は、従来のエンジン駆動方式に切り替えて作業が可能。
※1:発電および充電時のCO2排出量を含まないものとする。
※2:従来機、中型トラック搭載型ユニッククレーンU-canシリーズとの比較による。
   クレーン中心から7m地点でのエネルギー平均値。数値は天候、周囲環境等により異なることがあります。
※3:荷台への荷物の積み降ろし可能時間(荷物の積み降ろし回数約30往復に相当。)(社内テストに基づく)。
   ブームの伸縮・起伏方法などクレーンの動作条件によっては運転時間が変わることがあります。
《発売機種》
種類 型式
中型トラック搭載型クレーン UR-U340NE、UR-U370NE シリーズ
安全装置付き中型トラック搭載型クレーン UR-W340NE、UR-W370NE シリーズ
《クレーン本体価格》東京店頭標準価格(シャーシ、バッテリー、充電器を除く)
型式 価格(消費税別)
UR-U345NERSKK(5段ブーム) 509万円
UR-U343NERSKK(4段ブーム) 486万円
UR-U344NERSKK(3段ブーム) 463万円
UR-U342NERSKK(2段ブーム) 438万円

《主要諸元》

電動ユニット 寸法(高×幅×奥) 590mm×480mm×340mm(突起部含まず)
重量 100kg
モータ ACモータ
定格圧力 20.6MPa(210kgf/cm2)
定格吐出量 34リットル/min
バッテリー 種類 サイクルサービス用鉛バッテリー
充電電圧 AC100V、AC200V(単相)
収納ケース寸法(高×幅×奥) 332mm×800mm×492mm(突起部含まず)
重量(収納ケース含む) 400kg

《お問い合わせ先》
古河ユニック株式会社  国内営業部 販売促進課  TEL:03(3231)8611

以上

古河機械金属グループ