FURUKAWA

印刷用ページ

ニュースリリース2009

7段ブームのミニクロ『UR-W507C1RS』を新発売

-クラス最長の7段ブームで、ワイドな作業領域を実現-

2009年6月25日

当社グループの中核事業会社である古河ユニック株式会社(東京都中央区日本橋室町2-3-14 社長:中村 晉)は、ミニクローラクレーンシリーズにクラ ス初の7段ブームを搭載したモデル『UR-W507C1RS』を追加し、6月29日より販売を開始します。

本製品はクラス(※1)唯一の7段ブームをミニクローラクレーンに搭載したモデルで、クラス(※1)最高の地上揚程や作業半径のほか、吊り上げ能力を示す クレーン容量もクラス(※1)最大を誇るなど、ミニクローラクレーンNo.1(ナンバーワン)の実力を有するクレーンです。

一方で、コンパクトなブーム長(全縮小時:3.99m)により、ブーム全縮小時には天井高さ約6mのホール内でもブームの最大起きができるなど、ワンサイズ小さなミニクローラクレーン並みの機動性も併せ持っています。

このほかにも、「過負荷警報装置」や「オイルクーラー」、思いのままの連動操作を可能にする「連動ラジコン」など、安全で快適なクレーン作業を可能にする機構を数多く標準装備した製品です。

当社では、“クラス(※1)最長のブーム長さと全縮小時のコンパクトさ”を最大限に活かし、都心部の狭小スペースなどの土木建設現場や高揚程作業を余儀なくされる業種への販売を展開してまいります。

※1 :吊上げ荷重3トン未満のミニクローラクレーン

《本体価格》東京店頭標準価格(シャーシを除く)

型 式 価 格(消費税別)
UR-W507C1RS 1400万円
《主な特徴》
1.クラス(※1)初の7段ブームを採用
2.クラス(※1)最長のブーム長さ『18.02m』
3.クラス(※1)最高の地上揚程『(約)18.2m』
4.クラス(※1)最大の作業半径『17.83m』
5.クラス(※1)最大のクレーン容量『2.93t×3.9m』
6.抜群の操作性を誇る『連動ラジコン(選択スイッチ式)』を標準装備
7.安全作業に貢献する『過負荷警報装置(警報型)』を標準装備
8.吊り荷の重さを見易く表示する『デジタル式荷重計』を標準装備
9.クレーン作業中のアウトリガ操作を規制する『クレーン・アウトリガインターロック装置』を標準装備
10.クレーン作業中の走行操作を規制する『クレーン・走行レバーインターロック装置』を標準装備
11.長時間の安定したクレーン作業を可能にする『オイルクーラー』を標準装備
※1 :吊上げ荷重3トン未満のミニクローラクレーン

《主要諸元》

型式 UR-W507C1RS
ブーム段数 7段ブーム
クレーン容量 2.93t×3.9m
最大地上揚程(約) 18.2m
最大地下揚程(約) 22.9m
最大作業半径 17.83m
ブーム伸長速度(ブーム長さ) 14.03m(3.99m~18.02m)/35.0s
ブーム上げ速度 0°~80°/18.0s
フック巻上速度(ロープ掛数4) 17.0m/min(5層目)
旋回範囲/速度 360°(連続)/2.5rpm

《お問い合わせ先》
古河ユニック株式会社  国内営業部 販売促進課  TEL:03(3231)8611

以上

古河機械金属グループ