FURUKAWA

印刷用ページ

ニュースリリース2009

搭載型クレーン業界初 超長尺『7段ブームクレーン』を新発売

-業界初の7段ブームで、さらなる高揚程作業を実現-

2009年4月15日

当社グループの中核事業会社である古河ユニック株式会社(東京都中央区日本橋室町2-3-14 社長:中村 晉)は、主力製品のひとつである大型ト ラック架装用ユニッククレーン『500シリーズ』に待望の7段ブーム(搭載型クレーン業界初)を新たに追加し、4月16日より販売を開始します。

ユニッククレーンにおける長尺ブーム化の歴史は1980年代初頭に始まり、1987年(昭和62年)には業界に先駆けた全自 動伸縮式6段ブームを開発、以来20余年、6段ブームはユニッククレーン史上最長のブームとして多くの現場で活躍してきました。

本製品の7段ブームクレーンは、これまでの長尺ブーム造りで培ったノウハウを基に、近年の高層化建築を見据え、より高い場所 への荷揚げ作業を可能としたユニッククレーンです。

《発売機種》

◆大型トラック架装用クレーン (1)UR-V507K(手動操作専用クレーン)
(2)UR-U507RSKK(ラジコン装置付きクレーン)
(3)UR-U507NRSKK(ラジコン装置付きエコクレーン)
◆大型トラック架装用ハイアウトリガクレーン (1)UR-V507HK(手動操作専用クレーン)
(2)UR-U507HRSKK(ラジコン装置付きクレーン)
(3)UR-U507HNRSKK(ラジコン装置付きエコクレーン)

《本体価格》東京店頭標準価格(シャーシを除く)

型 式 価 格(消費税別)
UR-V507K 440万円
UR-U507RSKK 505万円
UR-U507NRSKK 520万円
UR-V507HK 531万円
UR-U507HRSKK 596万円
UR-U507HNRSKK 611万円

《販売目標》年間 30台(6機種合計)

《諸元比較》

  7段ブームクレーン 従来6段ブーム機
クレーン容量 2.93t×3.9m 2.93t×3.9m
最大地上揚程(約) 19.9m 17.6m
最大作業半径 17.78m 15.47m
ブーム長さ 14.03m(3.99m~18.02m) 11.78m(3.93m~15.71m)
ブーム伸長速度 14.03m/32.0s 11.78m/28.0s
ブーム上げ速度 1°~78°/12.0s 1°~78°/12.0s
フック巻上速度 19.0m/min(5層目) 19.0m/min(4層目)
旋回範囲/速度 360°/2.5rpm 360°/2.5rpm

《お問い合わせ先》
古河ユニック株式会社  国内営業部 販売促進課  TEL:03(3231)8611

以上

古河機械金属グループ