FURUKAWA

印刷用ページ

ニュースリリース2008

安全装置付クレーンの機能強化オプションを設定

-全旋回領域検出方式に対応-

2008年01月18日

当社グループの中核事業会社である古河ユニック株式会社(東京都中央区日本橋室町2-3-14 社長:中村 晉)は、安全装置付クレーン(トラック積載型クレーン)の機能強化を目的としたオプションを追加設定し、1月21日より販売を開始します。

トラック積載型クレーンはその利便性から広く普及している一方で、過負荷による転倒事故や破損事故の防止が重要なテーマであり、その為の安全装置として過負荷防止装置が商品化されてきました。しかし、その性能が空車時定格荷重を基準にしているために、荷物積載時など十分な安定度を有している場合でもクレーン本来の能力を発揮できないなど、使い勝手の面から普及が進まないという問題点もありました。

そこで同社では、安全性を維持しながらもクレーン性能を損なうことのない安全装置の開発を進め、安定度が少ない場合には安定度を基準にした『転倒防止装置(側方領域で作動)』が働き、安定度が十分な場合にはクレーン強度を基準にした『過負荷警報装置(側方および後方領域で作動)』が働くというように、状況に応じて2つの安全装置が最適に働く先進的な安全装置付クレーンを商品化・販売し、普及に努めてきた結果、現在では多くの方々にご利用いただいております。

今回新たに設定するオプションは、これまで対応していなかったクレーン前方領域での過負荷検出を可能にするもので、これにより全旋回領域での過負荷警報及び転倒防止機能付クレーンに発展させることができ、より安全度の高いクレーン作業を可能にする商品です。

《お問い合わせ先》
古河ユニック株式会社  国内営業部販売促進課  TEL:03(3231)8611

《価格》東京店頭標準価格

名称 価格(消費税別)
前方領域負荷検出オプション 15万円

※上記オプションは工場出荷時のメーカーオプション。

《本オプションの特徴》
クレーン前方領域の過負荷検出を可能にし、現行の安全装置付クレーンを全旋回領域での過負荷警報及び転倒防止機能付クレーンに発展させることができます。(クレーン前方領域では定格荷重(クレーン強度に基づく性能)の25%に達すると警報を発し注意を促します。)

《適応機種》
U-canシリーズ安全装置付クレーン(UR-W340シリーズ、UR-W370シリーズ)
U-can ECOシリーズ安全装置付クレーン(UR-W340Nシリーズ、UR-W370Nシリーズ)

《現行安全装置付クレーンの本体価格》東京店頭標準価格(シャーシを除く)
■中型トラック架装用クレーンUR-W370シリーズの場合

シリーズ名 型式 価格(消費税別)
U-canシリーズ UR-W376RS(6段ブーム) 424万円
UR-W375RS(5段ブーム) 365万円
UR-W374RS(4段ブーム) 344万円
UR-W373RS(3段ブーム) 322万円
U-can ECOシリーズ UR-W376NRS(6段ブーム) 439万円
UR-W375NRS(5段ブーム) 380万円
UR-W374NRS(4段ブーム) 359万円
UR-W373NRS(3段ブーム) 337万円

※上記は「前方領域負荷検出オプション」装着前の安全装置付クレーンの価格。

《現行安全装置付クレーンの特徴》
1.2つの安全装置『転倒防止装置』と『過負荷警報装置』を装備し、安定度が少ない場合には安定度を基準にした『転倒防止装置』が働き、安定度が十分な場合にはクレーン強度を基準にした『過負荷警報装置』が働くというように、状況に応じて最適に働く先進的な安全装置付クレーンです。
2.『転倒防止装置(側方領域)』:アウトリガ反力を検出し、その値が設定値になるとアウトリガが浮き上がる前にクレーンの作動を停止し危険を防止します。
3.『過負荷警報装置(側方・後方領域)』:クレーンに掛かる負荷を検出し、定格荷重(クレーン強度に基づく性能)に達すると警報を発し注意を促します。

以上

古河機械金属グループ