FURUKAWA

印刷用ページ

お知らせ

産業機械部門:大型土のう袋詰機『クイックホッパー』で災害復旧を迅速化

- 急速かつ安全に大型土のうを製作、九州地方整備局に正式採用 -

2018年06月21日

当社グループの中核事業会社である古河産機システムズ株式会社(東京都千代田区丸の内2-2-3 社長:川下 勝平)は、大型土のう袋詰機『クイックホッパー』にて、地震や豪雨等の災害復旧時に急速かつ安全に大型土のうを作ることで、社会課題に貢献します。

近年、国内各地で地震災害や記録的な豪雨災害が多発しています。災害復旧には迅速な対応が求められており、河川の洪水等の災害対策に必要とされる"大型土のう"を速やかに、かつ大量に製作する機器に対しての潜在的なニーズは年々大きくなっています。

このような状況下、2015年9月の台風18号の通過による関東・東北豪雨で、鬼怒川の堤防が決壊し大規模洪水が発生し"大型土のう" の必要性が求められたことから、災害時の緊急対策の課題に対応すべく、大型土のう袋詰機『クイックホッパー』を上市しました。

『クイックホッパー』については、国土交通省の地方整備局で実演説明会を重ねてきましたが、昨年7月の九州北部豪雨災害の復旧工事に使用され、早期復旧に貢献することができました。本年5月には九州地方整備局に正式採用され、短時間で"大型土のう"を大量に作ることができるとして、被害拡大の抑制、災害復旧の迅速化に期待されています。

具体的には、『クイックホッパー』は、重さ1トンの“大型土のう”を1日8時間稼働ベースで約200袋作ることができ、従来技術と比較して約3倍のスピード(1袋あたり約2分半)で大型土のう製作が可能です。ホッパーの目詰まりを防ぐ機能的かつ省スペースなデザインに加え、連続して土のう袋に詰められる回転体機構により、短時間で効率的な作業を実現します。また、土砂投入時に作業員が重機周辺に立ち入る必要がないことから、安全に作業することができます。

古河産機システムズでは、今後も社会課題を捉え、その解決に役立つ機械製作並びに技術提案をしてまいります。

《製品に関する問い合わせ》

古河産機システムズ株式会社 企画管理課   TEL:03-3212-6577

以上

古河機械金属グループ