FURUKAWA

印刷用ページ

ニュースリリース2013

革新的な破砕機『エキセントリックリッパー』を国内向けに新発売

‐振動増幅技術により効率的な破砕・解体作業ができるロックドリル製品‐

2013年02月04日

当社グループの中核事業会社である古河ロックドリル株式会社(東京都中央区日本橋1-5-3 社長:猿橋 三郎)は、油圧ショベルのアタッチメント製品である『エキセントリックリッパー』を国内向けに2月1日より販売開始しました。

『エキセントリックリッパー』は、油圧ブレーカと油圧ショベルのバケットの中間的な破砕機で、バケット作業にはない破砕力があり、油圧ブレーカではできないコジリやかき寄せ作業を行うことが可能です。

油圧ショベル質量7トンから140トンまで対応する9機種を取り揃え、石灰石鉱山や砕石場などのベンチ掘削作業の他、トンネル工事、港湾工事、水中工事、橋梁解体、ビル解体などの様々な土木・解体工事に使用することができます。

主な特長として、振動を増幅して先端に力を集中させることで破砕する機構となっており、亀裂のある岩盤では飛躍的に生産量が向上します。また打撃や摩擦を受ける箇所がない単純な機構であるためバケット作業並みの低騒音で作業ができ、さらに可動部が密閉構造のため泥や水などの外部環境に影響されずメンテナンスも容易です。

本製品は、GRADO CERO社(スペイン)の製品で、古河ロックドリルが日本国内の独占販売権を有しています。古河ロックドリルの戦略製品である油圧ブレーカや油圧クローラドリルと併用することで、これまで以上に効率的な作業が可能となることから、国内におけるユーザー層の拡大を図るとともに、さく岩機メーカーとしての地位をさらに高めてまいります。

エキセントリックリッパー

《主な特徴》

  • 回転振動をアキュムレータで増幅し先端に振動を伝える最新技術の振動増幅式リッパー。
    • ・亀裂のある岩質や亀裂が発生しやすい岩質では、振動が一気に増幅し飛躍的に生産性が向上。
    • ・アームによるコジリやかき寄せができるので、排土作業を効率的に行える。
    • ・玉石が出る場合には、周りの軟らかい箇所を掘削し、短時間で掘り起こすことができる。
    • ・法面の角度に沿って掘削できるので、法面成形を効率的に行える。
  • 打撃機構が無い。
    • ・バケット作業並みの低騒音で作業ができる。
    • ・メンテナンス費用が嵩まない。
    • ・油圧ショベルのバケット作業に近い操作なので習熟期間が短い。
  • 可動部が密閉構造。
    • ・上下方向、水平方向に関わらず、どの方向でも使用できる。。
    • ・泥、水、埃などの外部環境に影響されない。
    • ・水中でも、特別な装備を必要とせずに使用できる。
    • ・潤滑油交換・グリス給脂は年に1・2回で、メンテナンス間隔が長い。
    • ・日常点検が簡易(目視点検とツースの点検・交換だけ)。

《仕様と価格》

    XR10 XR15 XR20 XR30 XR40
油圧ショベル質量 トン 7 - 10 11 - 16 18 - 24 24 - 30 32 - 40
質量(ブラケット付) Kg 930 1700 2500 3300 4200
寸法 L x W x H cm 155x50x125 206x74x143 239x83x177 268x93x176 283x102x183
定価 千円 4,250 7,000 9,150 12,250 16,200
    XR50 XR60 XR80 XR120
油圧ショベル質量 トン 42 – 55 55 - 70 70 – 100 100 – 140
質量(ブラケット付) Kg 5800 7000 10000 13000
寸法 L x W x H cm 311x112x201 335x122x213 362x146x264 362x148x274
定価 千円 21,600 31,000 44,000 見積

《販売目標》

年間 50台 (9機種合計)

《お問い合わせ先》

古河ロックドリル株式会社 営業企画部 販売促進課 TEL:03-3231-6961

Xcentric_Ripper

以上

古河機械金属グループ