FURUKAWA

印刷用ページ

ニュースリリース2011

高密度シンチレータ採用の高感度放射線測定器「GAMMASPOTTER」を発売

-迅速かつ正確に放射線量を測定-

2011年11月01日

当社は、新たに開発した高密度シンチレータ結晶を採用した高感度の放射線測定器「GAMMASPOTTER(ガンマスポッター)」の販売を開始しました。

本測定器は、当社グループが長年蓄積した結晶成長技術により新たに開発した高密度のシンチレータ結晶(GAGG:Ce/ガドリニウムアルミニウムガリウムガーネット※1)を用いた放射線測定器です。開発した同結晶は従来の測定器に使用されているシンチレータ結晶に比べ密度が高いため、小さな結晶でも高感度の放射線測定が可能で、潮解性※2もなく空気中の水分による劣化の心配もないため、長期間安定して使用することができます。
また、独自の温度補償回路※3及び半導体光検出器の採用により、温度が変化しても測定値は変わることがなく、-10℃から+40℃の温度環境下でも測定が可能です。
さらに、リアルタイムで瞬時に測定し結果を数値表示するため、一回の測定を短時間で行うことができます。これにより、複数箇所を測定する場合、放射線量の高低を短時間で容易に確認することができ、現場での安全確認がスムーズに行え、作業の開始、再開の確認時間を最小にすることが可能です。

当社グループでは、放射線測定器に必要なシンチレータ結晶の製造技術をすでに有しており、昨今の迅速かつ正確に放射線量を測定できる測定器のニーズに応えるべく、当社グループの持つ技術を応用して、本測定器を開発しました。
今後、主に行政・企業向けに販売していき、作業環境の安全確認に寄与して参ります。

※1 東北大学吉川彰教授と共同開発した結晶
※2 空気中の水分を吸収して溶解する性質
※3 早稲田大学片岡淳准教授指導のもと開発した温度補償回路

《主な特徴》

  • 新開発のシンチレータ結晶(GAGG:Ce/ガドリニウム_アルミニウム_ガリウム_ガーネット)を採用
    • 結晶密度が高く放射線の検出効率が良いため、小さな結晶でも高感度の測定が可能
    • 潮解性がないため水分・湿気に強い
    • 測定器の小型・軽量化を実現(電池込み重量 165g)
  • 独自の温度補償回路及び半導体光検出器の採用
    • -10℃から+40℃の温度環境下で正確に測定が可能
  • リアルタイム表示
    • 瞬時に測定結果を表示(毎秒3回測定)
    • 複数箇所を測定する場合、放射線量の高低を短時間で容易に確認することが可能
  • 安心・信頼
    • 防水型、保護等級IPX5に準拠
    • JEMIMA(社)日本電気計測器工業会の策定された要求仕様に適合
    • JIS4511;2005に準じた校正方法に基づいた校正証明書を添付

《概要仕様》

測定器 シンチレーション式測定器
検出放射線 γ線
測定範囲 0.00~19.99 μSv/h(放射線量率)
指示誤差 ±10%以内(Cs137基準値に対する誤差範囲)
エネルギー範囲 60 keV以上
使用時間 30 時間以上(単4型アルカリ乾電池)
外形寸法 長さ 151mm
60mm(持ち手部45mm)
厚さ 23mm(ストラップなし)
重量 165g(電池、ストラップ含む)

《販売価格》

14万円(税別)

《お問い合わせ先》

古河機械金属株式会社 開発企画部 TEL:03-3212-1836

高密度シンチレータ採用の高感度放射線測定器「GAMMASPOTTER」

以上

古河機械金属グループ