FURUKAWA

印刷用ページ

ニュースリリース2011

産業廃棄物処理業/リサイクル業向け折り曲げ式クレーンを発売

2011年06月28日

当社グループの中核事業会社である古河ユニック株式会社(東京都中央区日本橋1-5-3 社長:市村謙二)は、トラック架装用折り曲げ式クレーン「PK11002Aシリーズ」の販売を6月29日より開始します。

本製品は、車載型折り曲げ式クレーン世界トップシェアを誇るオーストリア「パルフィンガー社」製のOEM製品で、高い技術力をもとに開発された産業廃棄物処理業/リサイクル業向けの折り曲げ式クレーンです。

説明図

その特徴として、安定したクレーン作業を実現する「リンケージシステム」を、アウターブーム*1とインナーブーム*2のそれぞれに採用した「ダブルリンケージシステム*」としたことにより、ブーム起伏範囲全域において速度変化が少なく、より安定したクレーン作業が可能となりました。このほか、4トン~7トントラック架装用折り曲げ式クレーンではクラス最大の作業半径7.68mを確保するなど、広い作業エリアを実現しました。

さらにブーム先端のアタッチメントをはずすことでトラックの運転席と荷台との間にコンパクトに格納することが可能になり、コンテナ脱着時やダンプ排出時にもクレーンが干渉することもなく、効率的な作業を可能にしました。

古河ユニックでは、トラック架装用クレーンの代名詞になっているユニッククレーンのほかに折り曲げ式クレーンの販売にも力を入れており、今回のモデルチェンジでさらなる販路の拡大を図ります。

《本体価格》 東京店頭標準価格(シャーシ/グラップル/ローテータを除く)

型式 価格(消費税別)
PK11002AHL4 501万円
PK11002AH4 515万円

《販売目標》

年間 100台(2機種合計)

《主な特徴》

■ダブルリンケージシステム
鳥居際におけるフトコロ作業を含め、ブーム起伏範囲全域において速度変化が少ない安定したクレーン作業を可能にします。
■クラス最大の作業半径
4トン~7トントラック架装用折り曲げ式クレーンクラス最大の作業半径7.68mを確保。また、最大地上揚程は約11.0mと長尺3段ブームで広い作業範囲を確保しています。
■コンパクトな格納姿勢
ブーム先端のアタッチメントをはずすとトラックの運転席と荷台の間にコンパクトに格納が可能。脱着ボディ架装のコンテナ脱着やダンプ排出時にクレーンが干渉することもなく、効率作業に威力を発揮します。
■防錆効果が極めて高い「電着・焼付け塗装」。
■クレーン作業に便利な標準装備群。
  • ブーム先端の豊富なアタッチメントに対応する「油圧4回路」。
  • 3ヶ所から操作が可能・・・「トップシートコントロール(6連レバー方式)or(2レバー・2ペダル)」に加え「フロア式(6連レバー方式)」を車両の両サイドに装備。どこからでも自在なクレーン作業を実現。
  • 無段階のアクセル(速度)調整が可能な「アクセルコントロール」を装備。
  • 緊急時や乗り込み時の誤操作防止に有効な「非常停止スイッチ」を各操作場所に設置(3ヶ所)。

《主要諸元》

型式 PK11002AHL4 PK11002AH4
クレーン容量 2.98t×3.0m
アウターブーム段数 3段
最大作業半径 7.68m
最大地上揚程(約) 11.0m
最大地下揚程(約) 4.3m
アウトリガ最大張出幅 4.87m
操作方式 トップシートコントロール(6連レバー方式)
左右フロアコントロール(6連レバー方式)
トップシートコントロール(2レバー・2ペダル方式)
左右フロアコントロール(6連レバー方式)
架装対象車 4トン~7トン車クラス

《お問い合わせ先》

古河ユニック株式会社 国内営業部 販売促進課 TEL:03(3231)8611

産業廃棄物処理業・リサイクル業向け折り曲げ式クレーン

以上

古河機械金属グループ