FURUKAWA

印刷用ページ

研究開発活動 マーケティング経営に基づく、顧客の課題解決のための研究開発

当社での研究開発の中心は、技術統括本部に所属する先端技術部と新材料開発部とになります。素材・材料分野から機械・装置分野まで、グループ各社と緊密な連携をとりながら、研究開発を進めています。

基本方針

グループ各社と連携を強化することで、市場ニーズ・顧客の課題を的確に捉え、社会の発展に貢献できる研究開発を進めます。そのために、自社技術の進化と深耕に加え、オープンイノベーションの推進で迅速に開発を進め、ITの積極的な導入などで開発力・生産力を強化し、グループ全体の総合技術力を継続的に向上していきます。

開発体制

技術統括本部は、技術戦略部、先端技術部、新材料開発部、ナイトライド事業室、知的財産室の3部2室体制からなり、当社グループ全体と連携しながら開発を推進しています。

知的財産について

知的財産室が中心となり、全社の新製品や新素材についての特許など産業財産権の管理を行います。また、研究開発の成果を適切に把握し、産業財産権として権利化を促進することで、製品、サービスの優位性を図っています。

主な開発の取り組み

主な開発の取り組みについてご紹介します。

古河機械金属グループ